新社会人へ その2;5月病

 5月病という言葉は、この時期になるとよく使われ、インターネットのサイトにもたくさん登場しています。(概念、説明など詳しいこと知りたい方は、HPで探してください。不精して済みません。)正式な医学用語でないためか、耳になじみやすく、使いやすいようです。しかし、そのため軽く扱われてしまうことにもなりかねません。「どうせ5月病だろー」とか・・。そう言われると、5月頃に具合の悪くなりそうな新人は、真面目で、人に迷惑をかけてはならんと思いこんでいる方が多いので、余計にそんな自分が情けなくなって、誰にも相談できなくなってしまいます。相談できない気分になっちゃったときに、自分で考えを変える方法を少しアドバイス。
 この時期に多い新人の仕事の悩みは、仕事が多くて覚えきれない、先輩のようにはなれない、このまま社会人としてやっていける自信がないなどです。先輩は様々なことをいっぺんに教えますから、覚え切れません。当たり前です。でも、覚えてなかったり、失敗すると叱られます。これも当たり前です。このように過ごすのが、半年ぐらいは仕事なんだと割り切ってしまいましょう。こんなとき先輩が自分の新人時代のふがいなさを思い出してくれるとありがたいのですが、無理でしょう。叱られるといやだけど、ずっとは続きません。仕事に真剣に取り組むことは大事ですが、失敗や叱られることに深刻にならないこと。新人にはたいした仕事はないのだから、失敗も小言もたいしたことないことだと位置づけてしまうことです。そうやって、半年もすると1年の差なんてたいしたことなくなります。職場で様々な新人や患者さんをみてきましたが、5月頃にはひょろひょろ、びくびくしていた新人が、9月頃には、ビシバシと先輩に意見するようになるものです。「深刻にならない。たいしたことない。」とおまじないを唱えて乗り切りましょう。
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR